私には、交通事故に遭って後遺障害に悩んでる友人がいます。
事故というのは本当に怖いもので、後遺障害が残ることで友人は日常に支障が出ています。
しかし、申請をして認められれば損害賠償を相手から受けられるのです。
治療したにも関わらず、交通事故時の怪我が治らないまま普段の生活にも支障を来す状態が当てはまります。
大体6ヶ月治療しても、その治療の効果がなく症状が残る事を認めています。
140種類にも及ぶ障害があり、それらは35種類の系列に別れていて1番重い1級から14級まであります。
事故で怪我してから6ヶ月経てば、認定を申請することができます。
まずは損害保険会社から取り寄せて、6ヶ月経ったら主治医となる先生に障害の診断書を書いてもらいます。
その時の注意としては、接骨院等では作成してもらえません。
ですから、定期的に主治医となる医師に診察を受けておくことです。
診察を受けておかないと、申請が出来なくなる場合もありますので注意が必要です。
後は加害者の保険に対して、MRI等の画像を借りて郵送します。
こういった保証に友人は助かったと言ってました。
事故はいつ起こるか誰も想定できません。
なので、万が一の為に、上記のような手当ての知識を付けておくことが大切です。