ハイパーメディアクリエイターという名称を知るきっかけとなったのは、高城剛さんがメディアで紹介されているのを目にしたことでした。
一メディアクリエイターとして活動されていく中で、その才能は特定の手法、分野だけに止まらず、様々な事に積極的にチャレンジしていき、その先々で高評価を得るという実績を積み重ねてきました。
そういった活躍が評価されてこそふさわしい肩書きと言えるのが、このハイパーメディアクリエイターであると思います。
そんな高城剛さんは、どのような人物なのか、仕事についての考え方や未来に向けての展望などの一端を確認できるものとして、現在オークハウスというサイト内にて、「あたらしい共有について」というコラムをご覧いただきたいと思います。
「シェア」や「共有」というワードで用いている行動の一つですが、これまでの形を振り返った上で、本テーマである「あたらしい」に切り込んでいくのですが、シェア自体があたらしいものとなるのではなく、それを通して深めていく事になる人間関係が新しいものとなる、というような内容が書かれていました。
こういったものの見方、冷静に分析、判断できる能力などを文章を通して確認しますと、あらためて高城剛さんが、どれほど才能豊かな人物であるのかが理解できると思います。
http://www.oakhouse.jp/takashiro/