仮想通貨や暗号通貨とも呼ばれるビットコインが、次世代の決済手段として成立した背景には、独自のセキュリティスタイルを確立できたところにあります。
それが、ブロックチェーンと呼ばれるテクノロジーです。
ビットコインの利用者は、ビットコインを利用するために集まっているだけでなく、互いに公正に利用しているかを判断する監視役も担っています。
そもそも有志の参加者でやり取りをしているビットコインの取引には、公正に行われているかどうかの目付け役ともいえる第三者機関がありません。
いわゆる中央銀行に相当する機関がない以上、それに代わる何か別の手段が必要です。
これがビットコイン最大の難問であり、それに答えが出たからこそビットコインは世の中に登場したといえます。
有志の参加者同士で監視しあい、その監視システムが万全に作動することができるからこそ、仮想通貨は実際にその機能を発揮します。
その機能を発揮させ、万全のセキュリティーシステムを構築しているのがブロックチェーンというわけです。
すべての情報がブロックになり、そのブロック一つ一つが次へと情報をつなげていく形でつながっているため、不正をするにはすべてのチェーン状につながったブロックの情報を書き換える必要があります。
これは、仮にスーパーコンピューターを使っても無理だとされていますので、事実上、鉄壁のシステムで仮想通貨取引は守られているといえます。