以前には歯槽膿漏と呼ばれていた病気は今は歯周病と言われています。
歯周病にかかると歯ぐきや顎の骨の組織が破壊され、日本人が歯を失う原因のトップに入る怖い病気です。
しかも、30代以上の人では約8割が罹患しているいう統計もある一方で、進行がとてもゆっくりな病気であるために重症になるまで自覚症状も少なく気づきにくいという 厄介な病気です。
強い違和感を感じて歯医者さんに行く時には既に治療が難しい段階まで進行してしまっていることも少なくありません。
仮に治療がひと段落したとしても、歯周病は口腔内に常在する細菌に感染することで発症する病気なので細菌の活動が活発化すれば再発のリスクが高まります。
大森駅エリアに、定期検診で予防の処置をすることを重視している歯医者さんがあります。
横須賀歯科医院といって、大森駅の北口改札から直接行ける便利な立地です。
横須賀歯科医院では、ひとりひとりに最適な診療・治療を提供することをモットーにしていて、同時に患者さんのよきパートナーになることを目指しています。
予防検診でも同様で、検診に来る間隔や生活上必要なアドバイスは患者さんごとに異なりますので、オーダーメイドのプランで歯周病の予防と早期発見をサポートしてもらえます。