白内障は水晶体が濁ってしまう病であり、視力がどんどん低下してしまいます。
治療の方法としては、初期段階であれば、目薬を点眼するだけで症状の進行を遅らせることが可能ですが、水晶体の濁りがひどくなると、日常生活にも支障が出てきますから、手術を施さなくてはならなくなってしまいます。
近年は白内障の手術も日帰りで簡単に行えるようになっていますから、心配する必要はありません。
池袋の松原クリニックであれば、手術経験が豊富な眼科専門医が執刀して下さるので特に安心してお任せできますよ。
基本は日帰り手術で体に負担のない施術が施されますが、万が一全身状態の状況で入院が必要となるケースでは、入院設備がある病院へ紹介して頂く事も可能です。
松原クリニックでは、最新の医療機器を使った施術が行われており、精度の高い新のIOLマスターによって目の長さを厳密に測定することができます。
従来のように角膜に直接触れて測定するわけではないので、感染症予防にもつながります。
このほかにもインフィニティ ビジョン システムの導入によって、患者の手術イメージをそのまま実現することができるようになりました。
是非あなたも最新医療技術を駆使した安全かつ安心の白内障治療を、松原クリニックでお願いしてみてはいかがですか。白内障|池袋 眼科 松原クリニック